最新ゲノム研究と臨床への応用/野島 博(大阪大学微生物病研究所 教授)

  
野島先生からのご講演です。
サブタイトルは「イレッサ副作用の原因はGAK阻害にある」です。
GAKが分子標的薬ゲフィチニブ(イレッサ)の副作用の原因分子である可能性を突き止められました。
肺癌治療において有効性を示すゲフィチニブの副作用についての最新研究をお話いただきました。


座長:山田晴生先生(JA愛知県厚生連長久手農村健診センター 所長)


TOPへもどる。


お問合せ先

「臨床ゲノム医療学会」運営事務局

〒150−0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-6共同ビル6F
株式会社メディファクト内
TEL:03-5798-2447  FAX:03-5798-2448
E-MAIL:mail@rinsho-genome.jp

PAGE TOP